看護師の日勤のみの勤務形態

このサイトについて

日勤で働く

看護師の転職理由として多いのが「夜勤がつらい」というものです。心身ともに負担が大きいということももちろんですが、子育て中の看護師であれば育児と仕事の両立が難しくなるという側面もあります。しかしパートやアルバイトで働くには家計への負担が大きくなるということからなかなか踏み切れないという看護師も多いです。
こうした悩みを抱える看護師におすすめの働き方が日勤のみで働く勤務形態です。日勤のみで働くことになるので夜勤がなくなりますが、パートやアルバイトではなく正社員として活躍できます。パートやアルバイトの時間に融通がきく働き方と正社員の安定した働き方ができる両方の良いところを取った働き方となります。ではこの日勤のみで働くメリットとデメリットについて紹介します。

メリット

日勤のみの働き方は夜勤なしで働けるため育児と仕事の両立がしやすいというメリットがあります。看護師の悩みで多く上がるものが夜勤です。手当がつくことで給料が高くなる魅力もありますが、それ以上につらいと感じる看護師も少なくありません。また子育て中であればなおさらその時間には働けない看護師もいますが、日勤のみになることで育児と仕事を両立しやすい環境に身を置くことができます。
また、日勤のみで働いても正社員として社会保険や福利厚生を受けることができ、様々な手当が受けることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。特にこうした働き方を選択できる場合は子育てに関する福利厚生も多くありますので、子育て支援を受けやすくなるということも多くあります。

デメリット

看護師の平均年収は450万円強と言われていますが、日勤のみの働き方となることで夜勤手当がつかないので100万円ほど年収が下がってしまうということもあります。もちろん働いている地域などによって下がり幅は大きく変わりますが、看護師の年収の高さは夜勤手当によるところも多いため、日勤のみとなることで年収が大きく下がるというデメリットは避けることはできません。
日勤のみの働き方を選択することができる職場は病院以外の介護施設や保育園といった職場であることが少なくありません。そのため病院勤務と違って看護師のスキルを高められる機会はどうしても比例して少なくなります。そのため、看護技術の最前線から外れて働くことで、看護師としてのスキルを現状維持することが精一杯となってしまうこともあります。また最前線から外れることで仕事へのやりがいや意欲を欠いてしまう場合もあります。

働き方を変えたい人におすすめ!

  • 転職エージェントを活用しよう!

    転職エージェントを活用しよう!

    看護師が転職を考えれば転職エージェントを活用して転職をすることがおすすめです。転職エージェントを知らない方や使ったことがない人などに向けて、転職エージェントのメリットなどを紹介します。

  • 交代制勤務の特徴

    交代制勤務の特徴

    交代制勤務は大きく二交代制と三交代制で分けられています。二交代制は24時間を2つの勤務時間に分けており、三交代制は3つの勤務時間で分けてシフトが組まれています。それぞれの特徴について知りましょう。

  • ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方が可能!

    ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方が可能!

    看護師は今では病院以外での勤務先も増えていることでワークライフバランスを重視した働き方ができるようになっています。また病院内でも様々な支援策もあったりするなど働き方が多様化しています。

看護師の働き方

当サイトは看護師の勤務形態について紹介しており、現在の働き方を変えたいという看護師や様々な働き方を知りたい看護師に向けて現在の多様化している勤務形態を紹介します。当サイトへのご質問やご意見はこちらまでお願いします。

PAGE TOP

看護師の勤務形態事情 Copyright © 2018 看護師の勤務形態事情 All Rights Reserved.