2パターンある交代制の勤務形態

このサイトについて

交代制の働き方

入院患者を受け入れる病院では24時間体制で患者さんの看護を行う必要があります。そのため24時間をシフトによって患者さんを看れるように体制を整えています。そしてそのシフトは二交代制と三交代制の勤務時間を区切っている2パターンがあります。
二交代制は24時間を日勤と夜勤で分けてシフトが組まれており、日勤が朝から夕方まで、夜勤は夜から朝までといったように組まれています。
三交代制は日勤と準夜勤、夜勤でシフトが組まれています。3つの時間帯に分けて働くことから1回の勤務時間は二交代制に比べて短くなっているのが特徴です。しかし二交代制に比べると1回の勤務時間が少ない分出勤回数が増えるところが多いです。そのため数日間続けて働くこともあるので、次の出勤まで十分な休養が取れずにストレスを溜めてしまうという場合もあります。

二交代制のメリットデメリット

二交代制は日勤と比べて夜勤の勤務時間がとても長くなっています。一般的に日勤が8時間ほどの勤務時間で夜勤は残りの16時間を担当することになります。そのため夜勤は休憩時間として仮眠する時間が長いということもあります。そして1回の夜勤手当が充実しており、夜勤が多ければ給料がその分高くなります。
また一方で夜勤の拘束時間が長いので体力的にも精神的にもつらくなります。そして勤務時間が長いので忙しくミスが増えてしまうこともありますし、ミスが重なってしまい仕事が溜まってしまうと残業が増えてさらに自分が追い込まれてしまうケースもあります。二交代制のデメリットは基本的に1回の勤務で心身ともに疲れやすいというところがあります。

三交代制のメリットデメリット

三交代制は二交代制と比べると24時間を3つの時間帯で分けていますので、1回の勤務時間が短くなります。どのシフトでも基本的に8時間労働がベースとなります。そのため勤務時間が短いので集中力が続きやすいことや、残業も比較的少なくなることが多いです。
デメリットとしては1回の勤務が短いので出勤回数が多くなります。そしてシフトのパターンによっては数時間しか寝る時間がなく、次の出勤が始まるという場合もあるためシフトが厳しい時は二交代制よりも心身に負担がかかることがあります。このようにシフト管理が厳しくなることもありますので、三交代制で働く場合はシフト管理を便利にするツールをおすすめします。

Webサイトはこちらから

シフトナ

働き方を変えたい人におすすめ!

  • 転職エージェントを活用しよう!

    転職エージェントを活用しよう!

    看護師が転職を考えれば転職エージェントを活用して転職をすることがおすすめです。転職エージェントを知らない方や使ったことがない人などに向けて、転職エージェントのメリットなどを紹介します。

  • 交代制勤務の特徴

    交代制勤務の特徴

    交代制勤務は大きく二交代制と三交代制で分けられています。二交代制は24時間を2つの勤務時間に分けており、三交代制は3つの勤務時間で分けてシフトが組まれています。それぞれの特徴について知りましょう。

  • ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方が可能!

    ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方が可能!

    看護師は今では病院以外での勤務先も増えていることでワークライフバランスを重視した働き方ができるようになっています。また病院内でも様々な支援策もあったりするなど働き方が多様化しています。

看護師の働き方

当サイトは看護師の勤務形態について紹介しており、現在の働き方を変えたいという看護師や様々な働き方を知りたい看護師に向けて現在の多様化している勤務形態を紹介します。当サイトへのご質問やご意見はこちらまでお願いします。

PAGE TOP

看護師の勤務形態事情 Copyright © 2018 看護師の勤務形態事情 All Rights Reserved.