様々な勤務形態からバランス良く働ける看護師の働き方

このサイトについて

ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方が可能!

ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方が可能!

継続的にキャリアを積める

医療は日進月歩と言われており常に日々進歩しています。そのため、結婚や出産を機に仕事から離れてブランクがあると復帰への不安が生じますし、ブランクが長ければ長いほど実際に復帰した際に自分が知らないことも増えています。しかしワークライフバランスを重視することができれば、短時間でも現場から離れることなく働き続けることができるようになります。近年は短時間正規雇用の医療機関も増えているので、日中のみの短時間勤務で慣れ親しんだ職場で働きながらキャリアを維持すること、向上させることが実現できます。
さらに育児中の看護師からすれば働き続けられる環境があることは子育てにプラスになることだってあります。院内保育所を設置する医療機関も今は多くありますし、同じ年代の子供を持つ親同士の交流も生まれます。また、子供から離れて社会で働く時間があることで、生活にメリハリができると喜ぶ看護師もいます。

働き方

看護師の離職率が高まっていくと、日本看護協会は2007年度から病院などへ多様な勤務形態を導入するよう働きかけてきました。ワークライフバランスの推進は病棟内だけで完結することは難しく、夜勤専従制度の導入であったり、院内保育所を設置するなど全体的な取り組みが求められます。それぞれの医療機関で働く看護師のニーズをピックアップして、日勤のみの働き方や短時間勤務といった選択肢を設けて、看護師が自ら働き方を選ぶことができる医療機関も増えています。
様々な勤務形態の運用を進めていくとそれに伴って問題も生じます。ですが、これらの問題に柔軟に対応することで成果が上がってきたと言えます。この成果は入職希望者が増え、離職率の低下などにもつながり実績として積み重なってきたからです。
ワークライフバランスは子育て中の看護師だけを対象にしたものではないので、ワークライフバランスを重視した働き方をすることでキャリアアップをする人にもメリットがあります。

支援策

ワークライフバランスを重視する働き方はどのような支援策が出ているかを簡単に紹介しておきます。まず働く時間の長さが選べる支援策があります。短時間勤務でも正社員として働くことができたり、労働時間を変動させて都合の良い時間を選択することができます。そして業務のバリエーションがありますので、労働裁量制があったり病院に勤務しながら学校や講義、技術演習を担当することもできます。また病院に勤務をしながら専門看護師として地域で活動をする働き方もあります。

働き方を変えたい人におすすめ!

  • 転職エージェントを活用しよう!

    転職エージェントを活用しよう!

    看護師が転職を考えれば転職エージェントを活用して転職をすることがおすすめです。転職エージェントを知らない方や使ったことがない人などに向けて、転職エージェントのメリットなどを紹介します。

  • 交代制勤務の特徴

    交代制勤務の特徴

    交代制勤務は大きく二交代制と三交代制で分けられています。二交代制は24時間を2つの勤務時間に分けており、三交代制は3つの勤務時間で分けてシフトが組まれています。それぞれの特徴について知りましょう。

  • ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方が可能!

    ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方が可能!

    看護師は今では病院以外での勤務先も増えていることでワークライフバランスを重視した働き方ができるようになっています。また病院内でも様々な支援策もあったりするなど働き方が多様化しています。

看護師の働き方

当サイトは看護師の勤務形態について紹介しており、現在の働き方を変えたいという看護師や様々な働き方を知りたい看護師に向けて現在の多様化している勤務形態を紹介します。当サイトへのご質問やご意見はこちらまでお願いします。

PAGE TOP

看護師の勤務形態事情 Copyright © 2018 看護師の勤務形態事情 All Rights Reserved.